top of page
​パラグアイの風景
大統領府 お昼間
住宅
ぺンション
街並み
朝焼け
街の通り
綺麗な建物
ペンションの2階から
通りの屋台
夕焼け
2016-10-06 19.47.12
アルパとは

 

アルパは爪を使って奏でるハープで、キラキラとした音が特徴です。

​高さ約150cm、重さ8kgほどの木製の楽器で、弦は37本あります。

オーケストラなどで使われているクラシックハープとは奏法や音色も違います。

楽譜を必要としないので曲のアレンジや表現方法が自由で個性を出しやすく、

100人のアルパ奏者が同じ曲を弾いても100通りの曲になると言われます。

アルパは南米の民族楽器で、ハープ(Harp)のことをスペイン語でアルパ(Arpa)と言います。

アルパとは
アルパとは
アルパのふるさと

 

​南米各地にそれぞれのアルパがあり、国や地域によって楽器の形や材質、演奏する曲なども様々です。

その中でもパラグアイのアルパは楽器としても完成度が高いと言われます。

パラグアイは南米の中心に位置する海のない国で、言語はスペイン語です。

陽気で音楽好きな人が多く、休日には街のいろいろなところから音楽が聞こえてきます。観客はアルパやギターに合わせて歌ったり踊ったり、とても楽しい国だなと感じました。

アルパのふるさと
パラグアイについて
​食事
お昼ご飯
お昼ご飯

好きなものを好きなだけお皿にとって量り売りしてくれるお店も多いです。

press to zoom
アイスクリーム
アイスクリーム

街のカフェで食べたアイスクリーム。 甘いミルク味とイチゴ味

press to zoom
カップケーキ
カップケーキ

クリームやトッピングがとってもカラフル。

press to zoom
朝ごはん
朝ごはん

ホテルでの朝食バイキング。 丸くて穴が空いているのは、チパというパラグアイのパン。

press to zoom
お肉料理
お肉料理

ボリュームたっぷり、レストランで食べたお肉です。

press to zoom
パラグアイ料理
パラグアイ料理

左からチパ、赤いソーセージ、エンパナーダ、ソーパ・パラグアージャ。 どれも美味しいです。

press to zoom
デザート
デザート

レストランのデザート。 とっても甘くてたくさんで、食べきれない😋

press to zoom
お肉(アサード)
お肉(アサード)

一般家庭でも炭火でお肉を焼く大きなセットがあり、みんなでたくさんお肉を焼いてアサードパーティーをしました。

press to zoom
グアラナ味ファンタ
グアラナ味ファンタ

南米限定、グアラナ味のファンタ。 南米で取れるグアラナの実の味です。

press to zoom

   パラグアイでは肉料理が多く​​​、芋やパンもよく食べられます。

チパ、エンパナーダなどのパラグアイ料理も美味しいです。

デザートはカラフルでとても甘いです。

​生活
飛行機からのパラグアイ1
飛行機からのパラグアイ1
press to zoom
飛行機からのパラグアイ2
飛行機からのパラグアイ2
press to zoom
飛行機からのパラグアイ3
飛行機からのパラグアイ3
press to zoom
ぺンションアミスタ
ぺンションアミスタ

カラオケ(DAM)もありました😆

press to zoom
ラーメンと餃子
ラーメンと餃子

ペンションのママ特製。 ちょっと日本が恋しくなる味でした

press to zoom
ペンションアミスタ
ペンションアミスタ

外観です

press to zoom
アミスタの猫ちゃん
アミスタの猫ちゃん

看板娘のみっちゃん。 とっても可愛いです♡

press to zoom
アルパとギター
アルパとギター

レッスンでは先生がギター伴奏してくれることもあります♪

press to zoom
レッスン風景
レッスン風景

先生と一対一で一時間というのは日本のレッスンと同じです。

press to zoom

   パラグアイでお世話になったペンション アミスタさん

日本人のご夫婦が経営されていて、お二人とも日本語とスペイン語を話されます。

お願いすると日本で食べるようなラーメンや餃子を作ってもらえます。白米や豆腐、納豆も食べられます。キッチンを借りて自炊も可能で、とても生活しやすかったです。

アルパのレッスンもペンション内で可能で、現地のインストラクターとコンタクトをとってセッティングしてもらえます。

​観光

   空から見たパラグアイは赤土で緑も多いです。

   パラグアイの観光スポットといえばイグアスの滝。

世界三大瀑布の一つでパラグアイ、アルゼンチン、ブラジルの国境に位置します。

迫力満点の滝を間近で感じられ、滝の周辺に生きる植物や鳥、カラフルな蝶なども見られます。

   パラグアイは蒸気機関車によって走る列車が大陸で一番最初に開通した国で、当時の駅の構内を再現した建物や、その歴史を知ることができる施設があります。

昔は薪で走る列車が毎朝とれたての牛乳を街まで運んでおり、人々は牛乳列車と呼んでいました。

その列車をモチーフにした曲が作られ、パラグアイアルパの三大名曲の1つ「牛乳列車(Tren Lechello)にもなっています。

山と湖
山と湖

詳細を入力してください

press to zoom
ビーチ小屋
ビーチ小屋

詳細を入力してください

press to zoom
観覧車
観覧車

詳細を入力してください

press to zoom
ヤシの木
ヤシの木

詳細を入力してください

press to zoom
自転車
自転車

詳細を入力してください

press to zoom
山脈
山脈

詳細を入力してください

press to zoom
薪

詳細を入力してください

press to zoom
桟橋
桟橋

詳細を入力してください

press to zoom
秋のテラス
秋のテラス

詳細を入力してください

press to zoom
イグアスの滝1
イグアスの滝1
press to zoom
イグアスの滝2
イグアスの滝2
press to zoom
イグアスの滝3
イグアスの滝3
press to zoom
イグアスの滝4
イグアスの滝4
press to zoom
列車の歴史
列車の歴史

当時の写真や資料、車内で使われていた物などが展示されています。

press to zoom
牛乳列車
牛乳列車

昔はこんな列車が毎日薪で走って牛乳を運んでいたんだなぁ

press to zoom
列車に引かれていた食料庫
列車に引かれていた食料庫

美味しいものをたくさん運んできた木造の食料庫

press to zoom
切符(展示)
切符(展示)

行き先が書かれた当時の切符がそのまま入っていました。

press to zoom
駅

当時の駅の構内はこんな感じ。

press to zoom
Chacoホテル
Chacoホテル

セントロにある昔ながらのホテル。

press to zoom
ホテルの窓から
ホテルの窓から

Chacoホテルのお部屋から見える景色。 右側には大きなパラグアイ川の入江。

press to zoom
パラグアイ川
パラグアイ川

川のほとりのパノラマ写真。

press to zoom
パラグアイ川2
パラグアイ川2

海みたいに広い砂浜があります。

press to zoom
お店
お店

待ちに並ぶいろんなお店。 ドレスや糸がたくさん

press to zoom
お店2
お店2

カラフルなドレスがいっぱい。 踊りを踊る時に着ます。

press to zoom
ニャンドゥティ
ニャンドゥティ

色使いがとっても綺麗。 色々な模様があります。

press to zoom
ニャンドゥティドレス
ニャンドゥティドレス

ニャンドゥティのお店に飾ってあった可愛いドレス。

press to zoom
ニャンドゥティ
ニャンドゥティ

ドレス以外にも、コースター、ブローチ、テーブルクロスなどどこに使っても素敵。

press to zoom

   セントロ(首都アスンシオンの中心街)はアルゼンチンとの国境パラグアイ川の近くにあり、ホテルからの眺めがとても綺麗でした。

パラグアイ川はとても大きく、開放感のある素敵なところです。

   パラグアイではアルパを演奏する時や、踊りを踊る時に着る「ニャンドゥティ」という衣装があります。

ニャンドゥティとはグアラニー語で蜘蛛の糸という意味で、その名の通り一本一本糸を張ってレースのような模様を作っていきます。

 

ひとつひとつ人の手で作られる伝統工芸品で、植物や動物、太陽など自然のものをモチーフにしたデザインが多いです。

原色を使ったカラフルなものや、パステルカラーを使った淡い色合いのものなど、色彩豊かで見ているだけでも楽しくなります。

​結婚式

   結婚式でアルパを演奏させていただく機会がありました。

パラグアイの結婚式は夜から始まり、式の後は朝までみんなで踊るという賑やかで楽しいものでした。

日本ではブーケトスをして花束をキャッチした女性が次に幸せになれると言われますが

この結婚式では少し違った面白いものでした。

風船の中の小さな箱に一つずつ指輪が入っていて、一人一つ風船を選びます。

そして風船を割って本物の指輪が出てきた人に幸せが訪れるそうです。

​お天気も良く、本当に素敵な結婚式でした。

​おめでとうございます♡

会場
会場

初夏に野外に接した開放的な会場での結婚式でした。

press to zoom
テーブル
テーブル

結婚式に使われるお花はみんな生花だそうです。

press to zoom
アルパとお菓子と、
アルパとお菓子と、

後ろのテーブルの上は全部お菓子♡ 見てるだけでもあまーい、

press to zoom
お菓子
お菓子

結婚式で出されるとっても可愛いお菓子たち。 全部手作りなんだそうです。

press to zoom
ウエディングケーキ
ウエディングケーキ

大きくて豪華なケーキ。 新郎新婦さんのケーキ入刀もありました😊

press to zoom
会場の装飾
会場の装飾

綺麗な装飾がたくさん施されていました。 そこにいるだけでウキウキしちゃいます。

press to zoom
夜の風景
夜の風景

結婚式が始まるのは夜。 綺麗な景色…✨

press to zoom
演奏
演奏

アルパの演奏で歌ったり踊ったり

press to zoom
風船
風船

この中に一つだけ本物の指輪が…💍

press to zoom

   1,2日目はホールで、3日目は野外のステージで開催されました。

フェスティバルは夜開演で、深夜まで演奏が続きます。

夏前と言っても野外では昼間はとても暑いので、夜の涼しい空気が気持ちいいです。

第10回世界アルパフェスティバルに出演しました。

演奏曲

*Cascada(滝)

*Picaflor(ハチドリ)

世界アルパフェスティバル
レセプション
レセプション

フェスティバルの前日にレセプションがあり、名前の入った証書をいただきました。

press to zoom
野外ステージ
野外ステージ

街の広い公園にステージを組んで準備中。

press to zoom
リハーサル
リハーサル

夜に向けて会場でリハーサル。

press to zoom
アルパフェスティバル1
アルパフェスティバル1

演奏曲はカスカーダとピカフロール。どちらも南米のリズムで楽しい曲♪

press to zoom
アルパフェスティバル2
アルパフェスティバル2

実は直前に弦が切れ、ぎりぎりでアルパをお借りしての演奏でした。 暖かい周りの人に助けられて嬉しかったです…

press to zoom
アルパフェスティバル3
アルパフェスティバル3

ドキドキしたけど、とても貴重で楽しくて素敵な経験になりました。 ありがとうございました。

press to zoom

   パラグアイで毎年開催されている「世界アルパフェスティバル(Festival Mundial del Arpa en el Paraguay)」

南米を中心に世界各国から30組以上のアルパ奏者が集まり、3日間にわたって演奏をするお祭りです。

パラグアイ、アルゼンチン、コロンビアなど南米からはもちろん、メキシコ、フランス、イタリア、日本など様々な国から集まったアルパ奏者の演奏をたっぷりと聞くことのできる一大イベントです。

演奏者自らが作曲した曲や、自分の国の曲、パラグアイアルパの名曲など演奏曲も様々で、演奏スタイルや見せ方、他の楽器との合わせ方なども多種多様でした。

パラグアイの人々はこのフェスティバルを毎年楽しみにしていて、会場は3日間とも満席で立ち見が出るほどでした。

世界アルパフェスティバル
bottom of page